明大明治今昔物語

今明かされる、明治の文化・風習の変遷!27年ぶりに訪れた我らが母校は、まるで違う学校のようだった。
広いグラウンドに最新鋭の設備、開放的な教室――、
華やかで煌びやかな学校がそこにはあった。
明るく礼儀正しい生徒たちは、昔のまま健在だったが
そんな彼ら・彼女らが、もう決して味わえない、あの御茶ノ水の明大明治を体験したら、どう感じるのだろう。
その「ありえない」ことが、誌上で実現!
今の明高生が、時空を超えてタイムスリップ!
平成生まれが昭和な明治にやってきた!

漫画:薮乃ラン/制作:株式会社ギミック/企画:水野勇
原案:水野勇、福島維規、田中潤二、北條勝彦(平成改元会)/文・構成:田中潤二
Special Thanks:三浦直人、高橋凌士(共楽会)、土屋弦(平成26年卒)

※漫画に出てくるものは、全てフィクションです。

会報誌をマンガでやろうって、いってみたものの、マンガ自体か、雑誌つくりなんてやったことないし、大変だった。
ストーリーは、同じ主人公たちがタイムスリップする。過去編、未来編。
と、いってみたものの、中身考えるのが、とにかく大変だったよー。

 

この記事にコメントする

明大明治今昔物語


*